ご利用者様の年齡は、私の親と近い事もあり、自分の親ならどんな介護をして欲しいのかと考えながら介護をさせて頂いています。ご利用者様の状態もそれぞれ違い介護の難しさを痛感しています。ご利用者様は職員をよく見ておられ、職員が慌ただしく業務にあたっていると落ち着かれず、職員がゆとりのある行動をしていると穏やかに過ごしておられるように感じ、余裕が必要だと思っています。一緒に生活して頂く中で、ご不満もあるかと思います。だからこそ、ご利用者様お一人お一人の声をお聞ききし「楽しかった。」と仰って頂ける様な支援を目指して行きたいと思つております。(2017.4.12)